脳動静脈奇形を治療する|脳動静脈奇形という病気の恐ろしさと治療法を確認しましょう

avmtreat.com

脳動静脈奇形に対して行われる治療法を知ろう

脳動静脈奇形を治療する

女の人

早期発見が重要

脳動静脈奇形は、重大な症状を引き起こす前に、発見することが特に重要な病気です。また、患部が小さければそれだけ治療も容易で、安全に終わらせることができます。主な発見方法は、脳内のCTスキャンとMRI検査、そしてカテーテルを使用した血管造影という方法です。脳動静脈奇形は、脳内出血などの症状がすでに出始めてから検査をして、発見されるケースが大半を占めています。しかし、日頃から注意しておけば、早期に発見することは可能なのです。人間ドックなどで自主的に検査を行ってもらい、他の病気とともに日頃から意識を高めることが必要です。

外科手術が基本

脳動静脈奇形の最大の治療方法は、開頭外科手術による患部の全摘出です。これがもっとも安全であり、確実な治療方法です。特に患部が小さいうちに発見することができて、腕の良い医師に任せることができれば、たった一度の手術で完全に治療することができます。脳動静脈奇形は先天性の病気であり、生まれた後に発生することはありません。そのゆえに、再発する可能性はまずありえません。そして摘出が終わってしまえば、後遺症が出る危険性も、ほとんどありません。そのため脳動静脈奇形の治療は、開頭手術の経験が豊富な腕の良い医師に任せることが最重要です。

その他の治療法

基本的には、外科手術による治療が最良の方法となっています。しかしながら、一度の手術で摘出することが難しい場合や、摘出自体が難しい位置に幹部がある場合は、他の治療法を組み合わせて治療していくことになります。その方法は二つあり、一つはカテーテルを使用する血管内治療です。コイル塞栓術とも呼ばれています。血管の中にカテーテルを通し、異常な血管の入口に血管を防ぐ薬を注入する治療法です。もう一つの治療法はガンマナイフという放射線を使用する治療法です。放射線で患部を焼き切る治療法ですが、放射線は他の正常な部位も傷つけてしまう危険性があるため、他の治療法が難しい場合に行われる手段です。

脳動静脈奇形は治すことができる

女の人

脳動静脈奇形を治療する

脳動静脈奇形を治すためには、信頼できる医師の診断に身を任せることが必要です。脳動静脈奇形の早期発見するための方法を、ここで確認すべきです。そして最新の医療現場では、どのような治療が実施されているのかを知るべきです。早めに治療に備えておけば、万全の状態で脳動静脈奇形を克服することができます。

READ MORE
広告募集中